ロード中...

カテゴリー:NEWSの一覧ページです。

システムブレインWEB事業部がお伝えする新着情報です。

さよならIE、よろしくEdge

2022年6月16日(日本時間)、Microsoft社によるInternet Expolrerのサポートが終了します。

それに伴って、先日弊社にてサポートさせていただいているお客様にメールでご連絡したところ、以下のようなご質問をいただきました。

「現在デスクトップ上にIEのショートカットがあります。
これを誤ってクリックしたらIEが起動してしまうということでしょうか?
それともIEを削除したほうが良いのでしょうか?」

このご質問に対して

「おそらく今後はIEのショートカットをクリックしてもEdgeが自動的に開くと思います。
また、Cドライブ内のProgram Filesフォルダ内にあるInternet Explorerの実行ファイル(iexplore.exe)をクリックする等しない限り、IEは起動しなくなるかと思います。」

とご返答したのですが、本日試してみたらそうではないことが分かりました。

そこまでする? IE起動でEdgeが立ち上がる

既に今日(6月15日)の時点でPCを起動したところタスクバーにあったはずのIEのアイコンが消えており、プログラム一覧からもIEの表記は無くなっていました。

そこでCドライブ内のProgram Filesフォルダを確認したところ、Internet Explorerフォルダは存在していたため、その中にある実行ファイルをクリックしてみました。

すると…。

なんとEdgeが起動しました。

そこまでするんだ、microsoft…。

通常、実行ファイルをクリックするということは、そのアプリケーションの起動スイッチを押すようなものなのですが、そのスイッチ自体も切り替えていたとは…。

1夜にしてIEがこの世から抹消されたような形になる今回の措置。

ダラダラとした最後ではなく、スパッと潔い終了に個人的にはスッキリしたのですが、お困りの方とかいらっしゃらないんでしょうか?

ちょっとその点は心配ですが、これも時代の大きな転換点と思って受け入れ、どんどん新しいものを吸収していきたいと思います。

Edgeくん、これからよろしくね!

カテゴリー:NEWS

2022年6月16日、Internet Explorer のサポート終了ですよ~!

先日来ニュースでも多数取り上げられているので、よもやご存じない方はいらっしゃらないかと思いますが、microsoft社が長年windowsでのインターネット閲覧ツール(ブラウザ)として提供してきた

Internet Explorer(インターネットエクスプローラー。以降”IE”と表記)

のサポートが、2022年6月16日(日本時間)に終了します。

これによってどのような変化があるのか。
かいつまんでお話させていただきます。

IEを開こうとすると…。

IEのサポート終了以降、おそらくwindowsのアップデートが行われます。

アップデートが適用された状態でご自分のPCのIEを開こうとすると、自動的にmicrosoftの推奨している新しいブラウザ

microsoft Edge(エッジ)

が開くようになってしまうかと思います。

まあ、サポートされていないブラウザでネットサーフィンするほど怖いものは無いので、ある意味ありがたいのですが、ここで困るのは推奨動作環境をIEのみとしているサービスや機能を普段からご利用の場合です。

そのようなサービスや機能を利用するために、Edgeでは

Internet Explorerモード

という機能が用意されています。

この機能を使うことで、IE11での表示をEdge上に再現できます。

このInternet Explorerモードの使い方を以下に記します。

Internet Explorerモードの使用方法

1.Internet Explorerモードで開きたいページを開く。

2.ブラウザ窓右上の付近にある「・・・」の部分をクリック

Edgeの設定ボタン

3.ポップアップされた項目の中にある”Internet Explorerモードで再読み込みする”をクリック

Internet Explorerモードで再読み込みする

4.アドレスバーにIEのマークが表示されたらOK。

Internet Explorerモードで開かれています。

ちなみによく利用するページで常にIEで閲覧する必要がある場合は、”次回、このページをInternet Explorerモードで開く”を有効にしておくと良いかと思います。

※”Internet Explorerモードで再読み込みする”の項目が表示されない場合

前述した”Internet Explorerモードで再読み込みする”が表示されていないケースがあるとのご連絡をいただき調べましたところ、以下の設定が必要とのことでした。

1.ブラウザ窓右上の付近にある「・・・」の部分をクリック

Edgeの設定ボタン

2.ポップアップされた項目の中にある”設定”をクリック

ポップアップされた項目の中にある”設定”をクリック

3.”既定のブラウザー”の項目をクリックし、”Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可”の項目を確認し、”許可”以外の値になっていたら”許可”にする。

”既定のブラウザー”の項目をクリックし、”Internet Explorerモードでサイトの再読み込みを許可”の項目を確認し、”許可”以外の値になっていたら”許可”にする。

4.Edgeを一旦閉じて、再起動させる

以上の手順をお試し下さいます様お願い申し上げます。

長らくお世話になったなぁ、ホントに…。

1994年に産声を上げ、
1995年8月24日にwindows95に含まれるようになり、
それ以降windowsがバージョンアップされる際には必ずwindows内に含まれてきたIE。

HTMLの出力方法に独特な部分があり、ホームページ制作者泣かせのブラウザでしたが、なんだかんだでインターネット黎明期から今日まで、世界中の人達のインターネットへの玄関として活躍してくれていたことは確かです。

今まで本当にお疲れ様でした。

そして、今後は徐々にIE対応のサービスは減っていくかと思います。

今までEdgeを使ったことが無い方は、是非今後のために少しづつEdgeに触ってみることをおススメします。

microsoft Edge ロゴ
カテゴリー:NEWS, パソコンTIPS
タグ:, , ,

キーボードのタイピングを早くする方法 その3

連続企画となった「ブラインドタッチ成長日記」

今回はその第3回です。

つづきを読む »
カテゴリー:NEWS
タグ:, , , , ,

最高のセキュリティは”知識”です。-マルウェアEmotet(エモテット)への対応

最近、会社の同僚や取引先のメールアドレスを偽装したメールが届いたりしていませんか?

しかも、そのメールにExcelファイルやWordファイルが添付されていたり、ZIPファイルが添付されていて本文にそのZIPファイルのパスワードが記載されていたりしませんでしたか?

それ、マルウェア(※1)です。

絶対に添付ファイルを開かないでください!!!!

※1マルウェアとは
マルウェア (malware) とは、不正かつ有害に動作させる意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称。コンピュータウイルスやワームなどが含まれる。

ウィキペディア(Wikipedia)「マルウェア」より抜粋

Emotet(エモテット)の脅威

昨年末ごろから急激に感染拡大を続けているEmotet(エモテット、以降「Emotet」で表記を統一)と呼ばれるマルウェア。

実はとても厄介な特徴を持っています。

  1. セキュリティチェックをすり抜ける
    EmotetがPC上に展開されることでウィルスやランサムウェアをPC内に呼び込む仲介役にすぎないため、セキュリティソフトのチェックをかいくぐってくる。(※2)
  2. Emotetが送られてくるメールが非常に巧妙
    自社スタッフや取引先のメールアドレスが文章や差出人の部分に設定されており、文章も日本語化されている等、一見すると正規のメールに見えてしまう。
  3. 感染拡大の速度が速い
    おそらく一度感染したPCのメーラーのアドレス帳等の情報を収集している模様。そしてそれらのアドレスにEmotetが添付されたメールが送信されるので、Emotetの存在を知らない人が添付ファイルを開き、感染が拡大してしまう。

※2.2022年3月1日現在の情報です。今後セキュリティソフトが対応できる可能性もあります。

このように、現状でEmotetはセキュリティソフトもすり抜けて、感染したPCから収集した情報を元に更に感染を拡大させていくため、非常に厄介なマルウェアです。

最も有効な対策は、”知識”を持つこと

「セキュリティソフトでも防げないものから、どうやって自分を守るの?!」

と、おっしゃる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、対処法は意外とシンプルです。以下にまとめてみましたのでご一読ください。


Emotetへのおもな対処法

メールの送信元の情報を確認する

一般的なメール受信ソフトでは、送信元のメールアドレスを確認することができます。例えば同じ社内の方から届いたメールのように見えるけれど、送信元のメールアドレスがいつもと全然違う場合、そのメールは怪しいです。一旦中身の文章を確認し、送信元のスタッフにも確認を取るようにしましょう。

メール本文をしっかり確認する

Emotetのメールでは、名前やメールアドレスの部分は見知ったものだったとしても、それ以外の部分がおかしな表記になっている場合があります。

例えば電話番号や住所などが全然知らないものだったりするケースがあります。

そのような場合もメールの送信元に確認を取るなどして、メールの真偽をチェックしましょう。

添付ファイルはしっかりチェック

Emotetのおもな感染源は、メールに添付されているExcelファイルやWordファイルを開き、”マクロを有効・実行する”ケースがもっとも多いです(※3)。

例えばファイルの拡張子が”.xlsm”、”.docm”といったものはマクロが組み込まれているため、ファイルを開く前に送信元の確認をされることをおススメします。

また、昔のExcelやWordの場合、拡張子が”.xls”、”.doc”でもマクロが設定されている場合もあります。そのため、”.xls”、”.doc”のファイルでも十分ご注意下さい。

※3.ほかにはZIPファイルが添付されてくるケースや、本文中にURLが記載されているケースもあります。


このように、ポイントさえ押さえておけばご自分の感染はほぼ防げます。

シンプルな対処法ですが、是非お試しください。

”戦う”より”受け流す”のが肝心

よくお客様で

「このような迷惑メールを全てシャットアウトしたい!」

と仰る方がいらっしゃるのですが、その時に私は以下のようなたとえ話をさせていただきます。

「迷惑メールは、お客様のご自宅のポストに許可なく届くチラシやDMのようなものです。

それを全て防ぐ為にはどうしたらよいでしょう?

ポストを塞いでしまいますか?

なかなかそうはいきませんよね。

迷惑メールも同じです。

では、防げないのならどうしたらよいでしょう?

私個人の見解としては、迷惑メールは”戦わないで受け流す”ことをオススメします。

迷惑メールの送信元は、ほとんど日頃やり取りをしたことが無いようなところから飛んできます。

そのようなメールは無視して、普段からやり取りをしている方からのメールや、送信元がハッキリしているメールのみを開くようにしましょう。」

迷惑メールフィルターの設定に多くの時間を割くぐらいなら、受信トレイに振り分けルールを作って重要なメールだけ素早く確認できるようしておくほうが、設定作業もとっても楽です。

振り分けルールを上手に活用することをおススメします。

カテゴリー:NEWS

そろそろ本気でSSL(TLS)!

SSL(TLS)導入のアナウンスを続けること約4年。

今まではお客様になかなか伝わらなかった SSL(TLS) の必要性を、より分かりやすく感じていただけるような仕様変更がgoogle chromeにて行われています。

”このサイトは安全ではありません”表示がでます!

google chromeのver.94デスクトップ版及びAndroid版にて「常に安全な接続を使用する」の項目が追加され、通常時でONの状態になっています。

この状態で”https://”に対応していないサイトを開こうとすると、以下のような表示が出ます。

上記の表示が出た場合、”サイトへ移動”をクリックすれば、今まで通り普通にホームページを閲覧することができるのですが、企業サイト等がこの状態だった場合、ちょっと見栄えがよろしくないですよね?

今までの経験上、chromeにて開始された試みは徐々に他のブラウザでも実装されるケースが多いので、microsoft Edgeやsafari、firefoxなど他のブラウザでも順次同様の表示になっていくかと思います。

今まで「費用が掛かるから」等の理由でSSL(TLS)導入を控えていらした皆さん。

そろそろ本気で、ホームページにSSL(TLS)を適用させてみませんか?

SSL(TLS)導入をご検討の際は、お気軽にシステムブレインWEB事業部にご相談ください。

お問い合わせページへ

追記:なんで”SSL(TLS)”と表記するのか

インターネット上でやりとりされるデータの盗聴・改ざん・なりすましを防止するための暗号化プロトコル(通信方法)であるSSL(Secure Socket Layer)。
ですが、実は現在使用されている暗号化通信でSSLは使用されていません。

その理由は、SSLに見つかった「暗号化通信が解読されてしまう」という致命的な脆弱性にありました。
そのため、SSLはver.3.0にて姿を消し、現在ではTLS(Transport Layer Security)という仕様の暗号化通信が使われています。

ただ、”SSL”という名称があまりにも世間に広がり過ぎていたため、”TLS”という名称がなかなか浸透せず、現在では”TLS”の機能を用いているものでもお客様には”SSL”や”SSL/TLS”とご案内しているところもあります。

そのため、この記事では明示的に記載するため”SSL(TLS)”と表記しました。

さらに追記:「https://」での接続が出来てもサイトが紐づけられていない場合

ややこしいパターンなのですが、「https://」での接続は許可されているのに「http://」からの転送などが掛けられていない場合がある模様です。

例)サーバーが用意している共用ドメイン等でHPを公開している場合
既にサーバー側では「https://」での接続を用意しており、

そのような場合は、サーバー側で設定しておく必要があるようです。

(弊社のお客様でさくらインターネットのサーバーを御利用のお客様で上記事例がありました。)

カテゴリー:NEWS
タグ:, , , ,

私たちも応援しています。

システムブレイン株式会社はアスルクラロ沼津のスタジアムスポンサーです。

外部サイト

当サイトでのブログ公開時、自動的に以下のブログ等に当サイトのブログ記事へのリンクが表示されます。


主な対応可能地域

〔静岡県東部〕
沼津市、三島市、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市、伊豆市、伊豆の国市、熱海市、伊東市、田方郡函南町、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、駿東郡小山町

〔その他静岡県下〕
静岡市、浜松市、島田市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、袋井市、下田市、湖西市、御前崎市、菊川市、牧之原市、賀茂郡東伊豆町、賀茂郡河津町、賀茂郡南伊豆町、賀茂郡松崎町、賀茂郡西伊豆町、榛原郡吉田町、榛原郡川根本町、周智郡森町

〔その他都道府県〕
日本全国対応可能
※静岡県以外のお客様でお打ち合わせご希望の際は、ご相談ください。

ABOUT US


システムブレイン社屋外観

システムブレイン株式会社
〒411-0903
静岡県駿東郡清水町堂庭238-4
TEL : 055-975-4141
FAX : 055-975-7080
https://www.sysb.co.jp/
instagram公式アカウント:@systembrain4141
facebook公式アカウント:@sysb.web
twitter公式アカウント:@sysb_web

主な業務内容
システム開発、ネットワーク構築、事務機器・事務用品販売、コピー機リース・レンタル、ホームページ制作、パソコンサポート、建築CAD支援

↓