ロード中...
outlook TNEFを通すの図

outlookの添付ファイル消えちゃう対策(TNEF編)


以前書いた「outlookのリッチテキスト形式って必要?」という記事で紹介したoutlookの添付ファイル問題

 

outlookで添付ファイルをつけたメールを送信する際、リッチテキスト形式でメールを送信すると添付ファイルが”winmail.dat”になっちゃったり、ひどい時は添付ファイルがなくなっちゃったりするっていう現象なんですけどね。

 

以前の記事では、

「リッチテキスト形式をやめて、テキスト形式でメールを送るのが吉」

って書いたんですが、どうやらそれだけでは解決しないみたい…。

 

そこで、根本的な解決案が見つかったので、ご紹介します。

 

”TNEF”をどうにかしよう!!

突然出てきた”TNEF”という単語。

”Transport Neutral Encapsulation Format”の略だそうで、様々な通信規約に依存しないようoutlookデータと添付ファイルをカプセル化する(”winmail.dat”というファイルにする)形式のことを言うのだそうです。

 

…ま、まぁ難しい話は置いておいて(笑)

 

このTNEFを通して送信されたメールは、カプセル化したものを解読できないメーラー(=outlook以外のメーラー)で受信した場合、添付ファイルが”winmail.dat”のままになってしまうのだそうです。(下図イメージ参照)

outlook TNEFを通すの図

じゃあ、このTNEFが使用される条件は何かというと…。

 

実はすごく多岐にわたるのだそうです。

例えば、添付ファイルが無くてもTNEFが使用される場合もあるそうなので…。

もうそうなるとこのTNEFって単なる厄介者でしかない気がします…。

 

そこで!!
(イーデザイン損保のCMの織田裕二風にお読みください)

 

このTNEFを停止させちゃう方法をご紹介します。

 

レジストリを編集しましょう

ちょっと怖いですが、レジストリを編集することで、TNEFの機能を止めることができます。

手順は以下の通りです。

■TNEFの機能を止める

  1. Outlookを閉じます。
  2. レジストリエディタを起動します。
    ([検索の開始]ボックスまたは[スタート]メニューに”regedit”と入力し、コマンドを実行してEnterキーを押します)
  3. 次のレジストリキーを見つけます。
    ●Outlook 2016/2019/365の場合:
    HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 16.0 \ Outlook \ Preferences
    ●Outlook 2013の場合:
    HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 15.0 \ Outlook \ Preferences
    ●Outlook 2010の場合:
    HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 14.0 \ Outlook \ Preferences
    ●Outlook 2007の場合:
    HKEY_CURRENT_USER \ Software \ Microsoft \ Office \ 12.0 \ Outlook \ Preferences
  4. 「DisableTNEF」という名前の新しいDWORDを追加します。
  5. 「DisableTNEF」をダブルクリックし、[値のデータ]ボックスに1と入力します。
  6. レジストリエディタを閉じて、Outlookを再起動します。

参考ページ:添付ファイルがwinmail.dat に化ける。(microsoftコミュニティ)

 

色んなページでも同様のことが言われていますが、基本的に上記の内容は

「”れじすとり”ってなに?」

と言ってしまう人が実行してはいけません。(笑)

レジストリを編集するということがどういうことなのかを理解した上で設定して下さい。

 

このままでいいんですかね?microsoftさん?

今回の件で色々なサイトを拝見したのですが、どうやらこの件ってず~っと前から問題視されているんですね。

世の中すべての人がoutlookによるメール送受信をするようになれば、問題解決なのでしょうが…。

そんなことはあり得ないですよね?

 

microsoftさん

Edgeで大きく転換(※)してくれたように

outlookも何とかなりませんか?

(outlookという皮を被ったgmailにしちゃうとか…。)

 

 

 

 

※ Edgeで大きく転換
今まで独自路線を貫いてきたmicrosoft提供のブラウザですが、最新の”Edge”では、中身はgoogle chromeと同じオープンソースを使用しているそうです。


カテゴリー:NEWS
タグ:,

私たちも応援しています。

システムブレイン株式会社はアスルクラロ沼津のスタジアムスポンサーです。

外部サイト

当サイトでのブログ公開時、自動的に以下のブログ等に当サイトのブログ記事へのリンクが表示されます。


主な対応可能地域

〔静岡県東部〕
沼津市、三島市、富士市、富士宮市、裾野市、御殿場市、伊豆市、伊豆の国市、熱海市、伊東市、田方郡函南町、駿東郡清水町、駿東郡長泉町、駿東郡小山町

〔その他静岡県下〕
静岡市、浜松市、島田市、磐田市、焼津市、掛川市、藤枝市、袋井市、下田市、湖西市、御前崎市、菊川市、牧之原市、賀茂郡東伊豆町、賀茂郡河津町、賀茂郡南伊豆町、賀茂郡松崎町、賀茂郡西伊豆町、榛原郡吉田町、榛原郡川根本町、周智郡森町

〔その他都道府県〕
日本全国対応可能
※静岡県以外のお客様でお打ち合わせご希望の際は、ご相談ください。

ABOUT US


システムブレイン社屋外観

システムブレイン株式会社
〒411-0903
静岡県駿東郡清水町堂庭238-4
TEL : 055-975-4141
FAX : 055-975-7080
https://www.sysb.co.jp/

主な業務内容
システム開発、ネットワーク構築、事務機器・事務用品販売、コピー機リース・レンタル、ホームページ制作、パソコンサポート、建築CAD支援

↓